バスケW杯、出場国の来沖始まる 第一陣のジョージア選手団が到着


この記事を書いた人 琉球新報社
来沖したFIBAバスケットボールW杯に出場するジョージアの選手団=18日午後7時38分、那覇空港(ジャン松元撮影)

 FIBAバスケットボールワールドカップ(W杯)2023の開幕を25日に控え、海外から最初の選手団となるジョージア選手団が18日夜、那覇空港に到着した。

 来沖したのは選手やスタッフら25人。県や沖縄市などで構成する大会開催地支援協議会と県スポーツ協会の関係者らが、横断幕とジョージア国旗の手旗を掲げて歓迎した。

 ジョージア語で「モゲサルメビチ(ようこそ)」「ガマルジョバ(こんにちは)」と呼びかけると、選手らは日本語で「ありがとう」と応じていた。
 (渡真利優人)