政治

「早期の実施を」 辺野古移設で米大使

米軍普天間飛行場の移設問題などについて見解を述べるケネディ駐日米大使=17日、日本プレスセンター

 【東京】ケネディ駐日米大使は17日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画について「将来はよりよい状態になると思う。今はできるだけ早く現在の計画を実施に移すべきだ」と述べ、移設を推進すべきだとの考えを示した。

 ケネディ氏は日本政府が辺野古以外に移設する計画を提案した場合に、再考する余地があるのかを問われ「さまざまな計画が勘案された上でベストなものに至ったと聞いている」と述べ、辺野古移設が最善だとの考えを示した。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス