経済

サンエー利益首位 14年度県内法人、総額は過去最高

 東京商工リサーチ沖縄支店は25日、2014年度県内法人企業利益ランキング(14年4月~15年3月に決算期)を発表した。純利益(税引き後の当期利益)が2千万円以上の対象企業は前年度比17・1%増の741社、利益総額も12・1%増の1044億6179万円となり、好調な県経済を反映して企業数、総額ともに2桁の伸び率で、08年の集計開始以来の過去最高を更新した。

 ランク1位はサンエー。利益額は76億3900万円で、4年連続2位から初の首位となった。
 対象企業の1社当たり平均利益額は4・3%減の1億4097万円だった。前年度よりも利益が拡大した増益企業は454社。前期赤字から黒字に転じた企業を含めた実質増益企業は528社となり、全体の71・3%を占めた。
 利益法人企業の増加について同支店は「個人消費と観光関連が好調となり、建設需要も堅調に推移した結果、量販店や観光関連業種、建設業者の健闘につながった」と指摘した。
 建設、不動産、飲食料品関係など収益環境の良さが広範囲に広がる中で、倒産件数の減少などに伴う銀行の与信費用の縮小もあり、地銀3行がそろってトップ10入りした。
 一方、消費税増税前の駆け込み需要の反動から自動車や家電販売業者で減益が目立った。
 業種別では、対象企業数が最も多かったのは「建設業」の192社で全体の25・9%を占めた。利益総額では「金融・保険・リース・クレジット・証券・信用保証」が対象23社で178億8944万円となり、全体の17・1%を占めた。
 利益ランキング調査は、東京商工リサーチ沖縄支店のデータベース登録企業から、特殊法人を除き株式会社や医療法人、銀行、協同組合などの普通法人を抽出した。



関連するニュース