伊是名沖でアーラミーバイ


社会
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社

 12月21日から1泊2日で、今年最後の泳がせ釣りに伊是名島沖へメンバー2人と出掛けた崎浜秀智さん。伊是名からまえだ丸が運天漁港まで迎えに来た。
 通常はすぐにグルクンが暴れて、大物が近くにいることを知らせてくれるのだが、この日は全く反応しなかった。崎浜さんは根掛かりを恐れずに棚を落とすと、午前10時20分に前アタリがあった。すぐに竿を手に持ちスタンディングファイト開始。

2分で水面に浮いたのは23キロのアーラミーバイ(チャイロマルハタ)。
 その後、午後4時23分にも10キロを釣り上げ初日を終了。船長の経営する民宿まえだで泊まって、翌日午前7時に出船。餌となるグルクンを釣った。しかし、全てが大型グルクンでアカジンなどの餌には不向き。唯一活(い)き餌としては最高の小型のムロアジが2匹釣れた。
 1日分の活(い)き餌を確保し、泳がせ釣り開始。グルクンを餌に仕掛けを下ろすが、この日もなかなか食いついてこないので、餌をムロアジに替えた。すると仕掛けを下ろした途端、3キロのアカジンがヒット。その後は大物の気配がなかった。納竿前に崎浜さんが遠征3匹目のアーラミーバイを釣り上げ2日間の遠征を終えた。まえだ丸(電話)0980(45)2296。(おきなわ釣王国社・仲栄真修)

12月22日、伊是名沖で23キロと13キロと10キロのアーラミーバイ(チャイロマルハタ)を釣った崎浜秀智さん
12月22日、恩納海岸で2.25キロのクブシミを釣った籾山諒子さん
23日、伊計島で70センチ・7.1キロと51センチ・2.8キロのマクブを釣った宮里大さん
25日、宇堅ビーチで3.37キロのアオリイカを釣った具志堅洋一さん
26日、安謝港で1.94キロのアオリイカを釣った山内得信さん
20日、石垣島大浜海岸で82センチ・7.7キロのカースビーを釣った當山明さん
19日、那覇一文字新堤2番で53センチ・2.8キロの尾長グレを釣った加福大地さん
11月19日、慶良間で126センチ・23.4キロのロウニンアジを釣った名嘉徳秀さん
同16日、糸満海岸で45センチ・2.12キロのカーエーを釣った大城祐也さん