政治

県が立ち入り調査などを要請 有機フッ素化合物で沖縄防衛局に

立ち入り調査などを求める平良敏昭県企業局長(左列手前から3人目)ら=21日午後2時ごろ、沖縄防衛局

 【嘉手納】北谷浄水場や比謝川などで有機フッ素化合物のPFOSが検出された問題で、平良敏昭県企業局長らは21日、嘉手納町の沖縄防衛局を訪れ、基地内への立ち入り調査を米軍に認めさせることなどを要請した。防衛局の宮川均企画部次長は「速やかに米側に要請を伝達したい」と答えた。

 米軍がPFOSを使用している事実があればすぐに使用を中止させることや過去に使用していた実態があれば使用履歴を明らかにして対応策を出させることも求めた。要請後、取材に応じた平良企業局長は「立ち入りついてこれまでの事を考えると難しい。だが今回は県民の飲み水に関わる事なので従来と違った対応をしてほしい」と話した。
 【琉球新報電子版】
英文へ→Detection of PFOS in drinking water leads to request for access onto US base compounds



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス