政治

負担軽減も議論へ 代執行和解 菅氏「協議、総合的に」

 【東京】菅義偉官房長官は8日午前の会見で、米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設をめぐり、代執行訴訟の和解条項にある協議の内容について「いろいろ総合的になるのではないかと思う」と述べ、基地負担軽減や沖縄振興についても議論の対象となる考えを示した。

 中谷元・防衛相は今月中にも県と協議に向けた話し合いを行う構えを見せており、菅氏も「政府と沖縄県が今後の進め方について早急に協議したい」と述べ、早い時期に協議に入る意向を重ねて示した。
【琉球新報電子版】