社会

辺野古、シュワブから重機搬出 防衛局「年度末の工期終了」

米軍キャンプ・シュワブから工事用資機材を運び出すトレーラー=29日午前8時半ごろ、名護市辺野古(ヘリ基地反対協議会提供)

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画に伴う新基地建設問題で沖縄防衛局は29日午前、トレーラーなど車両7台を使って辺野古の米軍キャンプ・シュワブの工事用ゲートから、基地内にあったパワーショベルやロードローラーなどの重機を運び出した。一方、新基地建設に反対する市民らは、新ゲートを出入りする米軍関係車両にプラカードなどを示して抗議の声を上げた。

 工事用資機材は28日にも計12台が基地外に搬出された。防衛局は取材に対して「既に契約されていた工事が年度末に工期末を迎えて工事の後片付けを行い、不要となった機械や資材を搬出した」と説明している。
 29日午前0時から集団的自衛権行使を可能にする安全保障関連法が施行されたことを受け、沖縄平和運動センターの大城悟事務局長は「政府が国民の声を無視した結果で、辺野古と同じだ。多くの人が立ち上がり、法を廃止させるために動いている」とあいさつした。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス