経済

那覇-ソウル便、来月5日に就航 大韓航空、沖縄路線初

 韓国航空会社最大手の大韓航空は4日、5月5日から那覇―ソウル(仁川)を1日1往復で運航すると発表した。同社が沖縄路線を定期運航するのは初めて。使用機材はボーイング777―200(248席)など。ソウル発那覇行きは午後3時半で、那覇発ソウル行きは午後7時5分発。
 大韓航空は仁川空港をハブとして46カ国129都市に就航している。
英文へ→Flight between Naha and Seoul to start in May


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス