地域

「瀬長島」ラジオで発信 ライブに自然、魅力満載

 【豊見城】豊見城市のコミュニティー放送局「FMとよみ」と、市瀬長の瀬長島ウミカジテラスの運営に携わる「瀬長島ツーリズム協会」が連携し、瀬長島の魅力を発信する新番組「ウミカジテラスミュージックナイト」を8日からスタートさせた。毎週末にウミカジテラスで行われているライブイベントの生放送も実施する。放送は毎週金曜日の午後6~8時、周波数はFM83・2メガヘルツ。

 番組は毎週ゲストで参加するミュージシャンの演奏を生放送する部と、瀬長島の魅力やイベント情報などを発信する部で構成されている。8日は「MIDNIGHT RAMBLER」が出演し、ロカビリーなどの曲目を演奏した。司会はお笑い芸人の知念臣吾さんとタレントの大城メロディーさんが務めている。
 ウミカジテラスは2015年8月のオープン以来、定期的にライブイベントを実施していたが、同所にFMとよみのサテライトスタジオがあることから、両者が連携してイベントをラジオで生放送する企画を計画し、8日に1回目の放送が実現した。
 瀬長島ツーリズム協会の新里哲佳事務局長は「瀬長島には美しい自然があり、新しい商業施設もできたので、島の魅力を丸ごと発信し、楽しんでもらえる企画を実施したかった。番組を聴いてもらい、実際に瀬長島に足を運んでもらえたらうれしい」と話した。


瀬長島ウミカジテラスで実施されているライブイベント=8日午後、豊見城市瀬長の瀬長島ウミカジテラス

瀬長島の魅力などをラジオで発信する(左から)大城メロディーさん、知念臣吾さん、地域創造プロデューサーの中嶋昇さん、瀬長島ツーリズム協会の新里哲佳事務局長=8日午後、豊見城市瀬長の瀬長島ウミカジテラス