社会

【熊本地震】宜野座高、生徒が支援 校内で呼び掛け

熊本の被災地に贈る物資の前で思いを語る生徒ら=21日、宜野座高校

 【宜野座】宜野座高校の生徒らは21日、熊本地震被災地に送る物資や義援金を集めた。全校生徒と職員に呼び掛けて集めた物資は、水や生理用品など生活必需品が段ボール箱19個分、義援金は2万61円に上った。

 同校3年2組の平良よぞらさん(17)=名護市=と仲間光瑠(ひかる)さん(17)=宜野座村=が17日に「熊本地震の被災者のためにできることはないか」と話し合い、その日に会員制交流サイト(SNS)のツイッターを使って支援物資の協力を呼び掛けた。
 翌日には多くの生徒から物資が集まり、中には1本2リットル入りの水5ケースを持ってきた生徒も。学校前の薬局では支援物資を買い求める多くの生徒が列をなした。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス