経済

手裏剣投げや吹き矢コーナーも 忍者の娯楽施設 あす読谷に開業

「レキオスシアター」の前でポーズを取る當山浩代表(後列中央)ら=25日、読谷村宇座の残波岬いこいの広場

 【読谷】現代版組踊や忍者のショーなどを観覧できる娯楽施設「レキオスシアター」が、27日に読谷村宇座の残波岬いこいの広場内で開業する。運営するアシビエンタープライズの當山浩社長が25日、開業を前に「職業としてエンターテインメントの世界を目指す若い人の雇用の場を創設し、伝統芸能と舞台を通して名所旧跡を紹介する。日本一人口の多い村・読谷からクールジャパンを発信したい」と語った。

5月末までオープニング価格として税込み一般5千円、小学生まで2500円。問い合わせはアシビエンタープライズ(電話)098(921)5238。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス