ゴルバチョフ元ソ連大統領から県民への手紙 日本語と英語の全文

 冷戦終結に指導的役割を果たし、ノーベル平和賞を受賞したミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領が、初来沖から15年が過ぎたのを機に、琉球新報を通じて沖縄県民に手紙を寄せました。軍事化にあらがう県民の姿勢にエールを送っています。日本語と英語の全文を紹介します。

【日本語】
 沖縄県民の皆さん、翁長雄志知事、富田詢一琉球新報社長、琉球新報の皆さん
 皆さんの素晴らしい島を訪れてから15年が過ぎました。私と同僚たちは、今もあの初めての沖縄訪問とその後の訪問を楽しく思い出しています。特に胸を打たれたのは市民の皆さんとの交流でした。沖縄の豊かな歴史や文化について多くを学びました。国際緑十字の設立者として、私は皆さんの環境保全活動を高く評価しています。
 最初の沖縄訪問時、講演のテーマは「21世紀の平和と安定」でした。われわれは安全で豊かな新しい世界が訪れるという願いに満ちていました。しかし今もわれわれが不安定さやテロ、紛争や軍事主義化、軍拡競争について話していることは残念です。冷戦が終わっても、チャンスが世界に等しく与えられたわけではありませんでした。だから私は沖縄県民が平和のために闘い、島の軍事化に反対し、そして日本と世界中の観光客にとってもっと魅力的な島へと変革していこうと奮闘していることを応援しています。
 私は85歳になりました。いつも思い出すのは沖縄の長寿のことで、ゴーヤー茶を飲むなど沖縄の習慣に従おうと頑張っています。事務所に来るといつも、沖縄で撮った写真が温かく迎えてくれています。その写真には、私の腕に抱かれ、民族衣装を着けたミュージシャンの女の子が写っています。世代を超えたわたしたちのつながりの象徴だと思います。この機会にあの女の子、そして沖縄の市民の皆さんに心からのあいさつを送ります。
 敬具
 2016年4月5日、ミハイル・ゴルバチョフ


初来沖から15年が過ぎたのに合わせ、沖縄県民に送られたゴルバチョフ氏からの手紙

ゴルバチョフ元ソ連大統領

【English】
The full text of the letter is below:
Dear citizens of Okinawa, Dear Governor Onaga,
Dear president Tomita and journalists of The Ryukyu Shimpo,

15 years passed since I first visited your wonderful Island. I and my colleagues fondly remember that very first visit and of course all trips that followed. In general, I was particularly impressed by the meetings with citizens of Okinawa. We learnt a lot of interesting facts about your rich history and culture. As the founder of The Green Cross International, I highly appreciate and welcome your activities to preserve environment.

I remember the theme of my lecture during that first visit - "Peace and Stability in the 21 Century". At that time all of us were full of hopes that we would be able to come to a new secure and prosperous world. But today, to my great regret, we again are speaking about growing instability, terrorism, about military conflicts, militarization and arms race. The world did not take the chance given to all of us after the end of the Cold War. That is why I welcome the struggle of the Okinawan citizens for peace, against militarization of the Island,and for the transformation of Okinawa into an even more attractive place for Japanese and foreign tourists from around the world.

I had just turned 85 years old. This is a solid age. I often recall the long-livers of your Island and I’m trying to follow their example (drinking tea with goya, for example). Every day when I come to my office my mood lifts when I see the photo taken many years ago in Naha City. The photo shows a small girl musician in national clothes in my arms. I consider it as a symbol of intergenerational ties. Using this opportunity, I convey greetings and best wishes to this girl and in her person to all Okinawan citizens.

Sincerely yours, Mikhail Gorbachev

April 5, 2016



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス