スポーツ

「野球女子」集まれ! 8日うるまで交流会

女子野球チャレンジをアピールする野球っ子応援会の仲本裕樹代表=27日、那覇市天久の琉球新報社

 野球好きの女子選手の交流を目的にした「女子野球チャレンジ」が5月8日午後5時からうるま市石川屋内運動場で開催される。主催する野球っ子応援会の仲本裕樹代表が27日、那覇市天久の琉球新報社を訪れて、大勢の参加を呼び掛けた。

 対象は小中学生の女子選手で、参加費は無料。キャッチボールやノック、バッティングなどで交流を深める。参加者の中で全国大会や九州大会への出場を希望する選手がいる場合、チームを結成する。中学生は第1回全日本女子軟式野球大会(7月29日~8月1日、京都府)、小学生は第4回NPBガールズトーナメント2016(8月6~11日、埼玉県)の出場を目指す。
 仲本代表は「女子の選手が交流することで普段と違う楽しみを味わえる。全国や九州に挑戦したい女子選手が野球を続けられる環境をつくりたい」と話した。
 問い合わせは仲本代表(電話)090(3012)8925。詳細はホームページhttp://nakamoto716.ti-da.net/



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス