政治

「沖縄に寄り添う」 4・28式典 菅氏、時期言及せず

 【東京】菅義偉官房長官は28日の会見で、2013年4月28日にサンフランシスコ講和条約発効を記念して政府が開いた「主権回復の日」の政府式典に関連し、今後開く式典は「沖縄や奄美の皆さんが苦難の道を強いられたことをしっかり認識した上で、その人々に寄り添う式典にしたい」との認識を示した。菅氏はこれまで「今後も5年か10年か、節目ごとに(式典を)行っていく」と述べていたが、次回の開催時期は明言しなかった。今後の式典が祝う内容になるのかとの質問に答えた。

 安倍晋三首相は2013年3月、講和条約発効61年となる同年4月に「主権回復の日」の式典開催を表明した。しかし沖縄の強い反発を受けて、米施政権下に置かれた沖縄の歴史などに配慮する姿勢を示し「祝日ではない」と説明した上で式典を開催した。沖縄では抗議集会が開かれるなど強い反発の声が上がった。14年以降、政府は式典を開催していない。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス