政治

基地集中は「差別」 「引き取る行動」が初の全国シンポ

沖縄が発する県外移設と日本本土の「引き取る行動」について意見を交わす登壇者=14日、大阪市大正区の大正沖縄会館

 【大阪府で稲福政俊】在沖米軍基地の本土引き取りを考えるシンポジウム「県外移設から『県外移設』へ~応答する人々 基地引き取り~」(共催・沖縄に基地を押し付けない市民の会、沖縄差別を解消するために沖縄の米軍基地を大阪に引き取る行動)が14日、大阪府大正区の大正沖縄会館で開かれた。長崎、福岡、大阪、新潟、東京で在沖米軍基地を引き取る活動(引き取る行動)の参加者らが「米軍基地の押し付けという差別を解消するため、『引き取る行動』に取り組むことが必要だ」と訴えた。全国で活動する人が一堂に会してシンポジウムを開くのは初めて。

 行動を実行する本土出身者と沖縄県内外の県出身者らが発言。沖縄に基地が集中する現状について「日本本土の他の都道府県からの『県外移設』に由来する」と指摘。米軍基地押し付けが日本人による差別だという自覚を促し、差別を解消するため行動の必要性を訴えた。
 発言者は「『引き取る行動』は反戦平和の活動をする人にも覚悟を促すものだ」と指摘。県出身者は「沖縄は基地や反基地運動のための島じゃない」と訴えた。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス