国際

県人大会「思い出に」 北米キャラバン、バージニアで呼び掛け

第6回世界のウチナーンチュ大会の横断幕を手に笑顔を見せるワシントンDC沖縄会のメンバーら=15日午後(現地時間)、バージニア州

 【ワシントン15日=当銘寿夫】10月の「第6回世界のウチナーンチュ大会」への参加を呼び掛けるため北米2カ国、4都市を巡る県の「北米キャラバン隊」(団長・翁長雄志知事)は15日午前11時(日本時間16日午前0時)、最後の訪問地となる米首都、ワシントンDCの近郊にあるバージニア州で説明会を開いた。説明会にはワシントンDC沖縄会の会員ら約30人が参加した。

 ワシントンDC沖縄会の安里逸子会長は「第1回大会で、海外のウチナーンチュが素晴らしいエイサーや民謡を披露していることに感銘を受けた。一生の思い出に残るのでぜひ参加しよう」と呼び掛けた。
 翁長知事は「ワシントンDC沖縄会の活動から、心を一つにして、沖縄の歴史や伝統、文化を大切に過ごしていることが分かる。キャラバン隊で世界各地を回り、県人のパワーに圧倒された」と感想を述べた。
英文へ→Okinawan team visits Virginia to promote memorable Worldwide Uchinanchu Festival