地域

災害時、ドローン活用 豊見城市とFMとよみが協定

災害時などのドローン活用に関する協定を結ぶ宜保晴毅市長(中央)とFMとよみの安慶名雅明代表取締役(左)、シーバーズスタジオの椎林隆行さん=13日、豊見城市役所

 【豊見城】豊見城市とコミュニティー放送局「FMとよみ」は13日、豊見城市役所で「災害時などにおけるドローンによる情報収集に関する協定」を締結した。FMとよみが所有する2機の小型無人機「ドローン」を活用し、市内の土砂災害警戒区域の定期的な撮影や災害発生時の情報収集を行い、防災につなげる取り組み。

 市によると、防災に関するドローン活用の協定締結は県内初。
 協定では、豊見城市内で水難事故や大規模災害が発生した際に、市がFMとよみに出動を要請すると規定している。ドローンは赤外線カメラを内蔵しており、夜間の捜索活動での活躍も期待される。
 また、土砂災害の恐れのある市内20カ所以上の場所をドローンで定期的に撮影し、映像を災害の未然防止や防災啓発活動に活用する。

 締結式で宜保晴毅市長は「災害時はいかに情報を早く収集できるかが重要だ。水難事故が発生した際にドローンが活用できれば迅速な救助につながる。市民の安心安全のために協力していきたい」と話した。
 FMとよみの安慶名雅明代表取締役は「今回の協定締結をきっかけに、県全体で防災に向けたドローンの活用が広がればと思う。横の連携を深め、市民の安全に役立てたい」と語った。