政治

「オバマ大統領に直接話す機会を」 知事、安倍首相に要請 米軍属女性遺棄

米軍属女性死体遺棄事件で会談に臨む翁長雄志知事(左)と安倍晋三首相=23日午前10時42分、首相官邸(東京新聞提供)

 【東京】米軍属女性死体遺棄事件を受け、翁長雄志知事は23日、安倍晋三首相と首相官邸で面談し、米軍人・軍属の綱紀粛正、事件の再発防止、日米地位協定の改定を強く要請した。翁長知事は「県民の生命と財産、将来の子や孫の安心安全を守るため、ぜひともオバマ大統領に直接お話しさせていただきたい。安倍総理に機会をつくってくれるよう願いしたい」と安倍首相にオバマ大統領との面談を要請した。

 要請後、知事が記者団に明らかにした。
 翁長知事は「今回の事件は絶対許されない。綱紀粛正や徹底した再発防止などは、この数十年間何百回も聞かされた。しかし現状は全く何も変わらない」と再発防止を強く求めた。
 その上で、安倍政権は基地問題などで県民に寄り添うと繰り返していることについても「実感としてそばにいたことは一度も感じられない」と政府の姿勢を厳しく批判した。
 安倍首相は再発防止やケネディ駐日米大使に抗議したことなどを説明したという。
【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス