経済

プラザハウス、全国商店街30選に 「はばたく中小」にも県内6社

プラザハウステナント会などが共同開催して、県内工房の作品を展示・販売する沖縄市工芸フェアの様子=2015年3月12日、沖縄市のプラザハウス

 経済産業省は25日、地域の発展に貢献する商店街などを表彰する「はばたく商店街30選」を発表し、沖縄市のプラザハウステナント会(仲本清次世話役長)が全国30選入りを果たした。

 海外展開する企業などを表彰する「はばたく中小企業・小規模事業者300社」には県内からトマス技術研究所(うるま市)、グラスアート藍(名護市)、伊江牛(伊江村)、石垣の塩(石垣市)、オーシーシー(浦添市)、ジェイシーシー(糸満市)の6社が選ばれた。
 25日に東京都の経産省で授賞式があり、表彰企業の関係者が出席した。

 40店舗が入居するプラザハウスは沖縄市を象徴する「琉米文化」のアンテナショップ開設や、国内で最も歴史あるショッピングセンターを地域と連携してもり立てるテナント会の取り組みが評価された。テナント会の仲本世話役長は「琉米文化の素材を生かした店づくりや、地域と連携した取り組みが評価された」と授賞を喜んだ。
 中小・小規模事業者300社のうち、自社開発した小型焼却炉「チリメーサー」で海外に販路を拡大する取り組みが評価されたトマスの福富健仁代表は「10人足らずの企業が、特化した技術で頑張っていることを評価されてうれしい」と話した。