政治

松井代表が下地島での米軍訓練提案 おおさか維新の会

下地島空港を視察後、記者団の質問に答えるおおさか維新の会の松井一郎代表(右)と下地幹郎政調会長=30日、宮古島市役所

 【宮古島】米軍普天間飛行場の一部訓練を宮古島市の下地島空港に移転する案を提唱するおおさか維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)ら党幹部が30日、同空港を視察した。視察後、松井代表は市役所で長濱政治副市長と面談し「政府が掲げる辺野古移設だけでなく違う案もある。下地島空港で米軍の訓練もできると思う」と話した。

 長濱副市長は面談後、記者団の取材に「こういう提案があってもいいかと思うが、空港が建設された経緯の中に(民間以外の使用目的はないとする)『屋良覚書』がある。米軍が使うのは抵抗がある。住民は納得がいかないと思う」と慎重な姿勢を示した。

 視察には党法律政策顧問の橋下徹前代表、下地幹郎政調会長、吉村洋文大阪市長らも参加した。松井代表は「普天間の危険性除去のため、ありとあらゆるプランを政府に提示していく」と説明し、下地島への訓練移転を参院選の党公約へ盛り込むとした。