地域

ユッカヌヒー、糸満ハーレー 西村が勝つ 南城奥武島でも観客手に汗

御願バーレーで熱戦を繰り広げる西村・中村・新島のハーレーシンカ=8日午前10時ごろ、糸満市の糸満漁港

 【糸満・南城】旧暦5月4日のユッカヌヒーに当たる8日、航海安全と大漁を祈願する糸満ハーレーが糸満市の糸満漁港中地区で開幕した。同市名城や南城市の奥武島でも早朝からハーリーが行われ、青空の下、熱戦が繰り広げられた。

 糸満ハーレーの幕開けは古い集落「西村」「中村」「新島」のハーレーシンカ(こぎ手)による御願バーレー。力強いエーク(櫂)さばきで西村が勝利した。午後3時から2キロの長距離を競うアガイスーブが催される。
 同市の名城ハーリーは後ンティー、中ンティー、前ンティーの3集落が競い、後ンティーが勝利。1番エークの伊敷一樹さん(34)が陸に下げられたとっくりを手にした。
 南城市玉城の奥武島でハーリー行事の奥武島海神祭が開かれた。7番勝負の本バーリーでは、こぎ手が橋から飛び降りる「流れ船」や、こぎ手が海に落ちて船を転覆させる「クンケーラーシー」など多彩なレースがあり、観客は手に汗を握って声援を送った。本バーリーは4勝2敗1引き分けで東が勝利した。
【琉球新報電子板】

英文へ→Nishimura wins Itoman Hare on Yukkanuhi


名城ハーリーに勝利し、とっくりを笑顔で手にする後ンティーの伊敷一樹さん=8日午前8時すぎ、糸満市の北名城ビーチ(糸満市役所提供)

こぎ手が橋から飛び降りてハーリー船に乗り込む「流れ船」=8日午前9時半ごろ、南城市玉城の奥武島



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス