政治

自民沖縄県連は不参加 米軍属事件抗議の県民大会 「開催手法、決議内容が一方的」

オール沖縄会議主催の県民大会への不参加について発表する自民党沖縄県連所属の県議ら=14日、沖縄県議会

 自民党沖縄県連は14日、米軍属女性暴行殺人事件に抗議する19日の県民大会について、党派を超えた実行委員会が組織されていないことや、米軍普天間飛行場の県内移設断念などを盛り込む見込みの大会決議内容が一方的だなどとして「今の状況では参加することができない」との見解を発表した。

 会見で県連の照屋守之副会長は、大会を主催するオール沖縄会議から正式な協力依頼がないとして「開催や大会決議を決める前の段階で、超党派の取り組みを模索すべきだった」と批判。「県民大会を選挙の最中に行うことにも一つの疑問を感じる」などと超党派での取り組みを求めた。

 これに先立つ14日午前、島尻安伊子沖縄担当相は閣議後会見で県民大会について「自民党県連としては出席しない」と述べ、参加しない考えを明らかにした。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス