人事・訃報

川上氏、公庫理事長に 前副知事、県庁出身者で初

   川上好久氏

 【東京】政府は14日、沖縄振興開発金融公庫の譜久山當則理事長の後任に、前副知事で現理事の川上好久氏(62)を昇格させる人事を発表した。7月1日付で任命する。これまで公庫の理事長は財務省や公庫の出身者が就任していたが、県庁出身者が就くのは初めて。

 譜久山理事長の就任時は政府が公募した上で理事長を選任していたが、川上氏の就任を巡っては公募制を取っていない。島尻安伊子沖縄担当相が川上氏の実績などを評価した。

 川上氏は1954年生まれ。名護市出身。大阪大卒。77年県庁に入庁後、企画部長、総務部長を歴任、2013年4月~14年12月に仲井真県政下で副知事を務めた。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス