経済

求ム、新規高卒 ハローワークで受け付け開始

新規高卒者の求人受け付けが始まり、企業の採用担当者に対応するハローワーク職員(左)=20日、那覇公共職業安定所

 沖縄労働局は20日、来年春に高校を卒業する生徒を対象にした求人受け付けを、県内5カ所の公共職業安定所(ハローワーク)で一斉に開始した。那覇公共職業安定所(ハローワーク那覇)の学卒部門の窓口には、沖縄電力やイオン琉球、オリックス・ビジネスセンター沖縄など管内主要8社の採用担当者が訪れ、募集職種や人数を記入した求人申込書を提出した。

 沖縄労働局によると、3月に県内高校を卒業した学生の就職内定率(3月末時点)は92・5%と過去最高となったものの、全国値の99・1%には届かなかった。

 ハローワーク那覇の阿部誠所長は「全国平均に向けさらに就職支援をしていく。企業側にも、採用計画を早めに立てて学校側に示してもらうよう協力をお願いしたい」と求人票の早期提出を呼び掛けた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス