校歌探訪 国頭村立安波小学校

 明治時代の1893年、かやぶき校舎1棟から始まった。緑の山に囲まれる校舎には、やんばるにしかいないノグチゲラやヤンバルクイナの鳴き声が響く。夏には裏の安波川に入り、タナガーやウルガイなどを捕まえる。冬には渡り鳥のサシバが来る。バードウオッチングだけでなく巣箱を作り、何を食べどんな環境にいたかを記録する。四季折々に野生動物の姿を確認し、一年中、自然と共に学びを育んでいる。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス