スポーツ

NAHAマラソン4日9時号砲 ランナーら健闘誓う

参加者全員の健闘を願って宣誓する(左から)竹中友人と廣瀬光子=3日、沖縄県那覇市の県立武道館

 「太陽と海とジョガーの祭典」をテーマにした第32回NAHAマラソンは4日、沖縄県那覇市をスタート、ゴールに沖縄本島南部路を一周する42・195キロのコースで開催される。3日、那覇市の県立武道館アリーナ棟で開会式があり、大会前日にゼッケンを受け取った参加者らは完走を目指し気合を入れた。

 大会は4日午前9時に、那覇市の国道58号の明治橋交差点を出発する。糸満市の平和祈念公園を中間地点に、沿道の声援を力に変えてゴールの奥武山陸上競技場の第2ゲートまで駆け抜ける。今年の参加申し込み人数は2万9975人(男性2万2550人、女性7425人)。海外からは1311人が出走する。

 開会式では、前回大会で優勝した竹中友人、廣瀬光子が「すがすがしさあふれる自然の恵みを楽しみながら、万国津梁之鐘の音を合図に、全てのランナーと心を共にゴールを目指し走り抜くことを誓います」と宣誓した。

 城間幹子那覇市長は主催者あいさつで「平和の願いを気持ちに込めて、自分のペースで楽しんでほしい」と健闘を願った。

 当日のスターターは、リオデジャネイロ・オリンピックの重量挙げ男子62キロ級で4位入賞した糸数陽一さんと、同パラリンピック車いすラグビーで銅メダルを獲得した仲里進さんが務める。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス