社会

音の出る信号機を ROKがミュージックソン

 ラジオ沖縄(ROK)の特別番組「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン2016」が24日正午、始まった。那覇市のパレットくもじ前広場の放送本部から「音の出る信号機」を設置するための募金を呼び掛け、25日正午まで24時間放送する。


学校で取り組んだ街頭募金を金城奈々絵アナウンサー(左)に手渡す沖縄盲学校の比嘉大一生徒会長(右)=24日午後6時50分ごろ、那覇市のパレットくもじ前広場

 放送本部そばのステージでライブも行われ、多くの買い物客らが足を止めて楽しんだ。

 沖縄盲学校の児童・生徒で取り組んだ街頭募金をメインパーソナリティーの金城奈々絵アナウンサーに手渡した比嘉大一生徒会長は「音の出る信号機は障がいのある人だけでなく、高齢者や子どもたちにとっても役に立つ」と話し、募金活動の広がりに期待した。

 募金は来年1月末まで受け付ける。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス