経済

節目の10回目盛り上げ 青森県フェア、ライカムで記念式典

青森の食の魅力を集めた第10回青森県フェア=21日、北中城村のイオンモール沖縄ライカム

 沖縄県内のイオン6店舗、マックスバリュ28店舗で開催中の「第10回青森県フェア」(23日まで)の記念セレモニーが21日、北中城村のイオンモール沖縄ライカムで開かれた。津軽三味線の生演奏や特産品詰め合わせの抽選会など、青森の魅力を伝える催しで10回目の節目を祝った。

 フェアでは青森を代表するリンゴや米、日本酒のほか津軽海峡でとれた海産物などの特産品を販売する。今年は食品だけでなく、津軽塗をスーツの裏地に使用した伝統工芸の技や、ねぶた祭りの山車を背景にした撮影コーナーなど観光情報も紹介する。

 青森県の佐々木郁夫副知事は「10回目ということで、沖縄との交流をテーマに例年以上に力を入れた」と物産を通した交流の深まりに期待した。イオン琉球の坊池学社長は「青森のすぐりむんを堪能してほしい」と述べた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス