くらし

青空になびく大漁旗 糸満漁港で旧正月

旧正月に青空になびく漁船の大漁旗=28日午前9時ごろ、糸満漁港

 【糸満】28日は旧正月。海人(うみんちゅ)の町・糸満市の糸満漁港では28日午前、漁師らが1年間の豊漁を願い、漁港に停泊している漁船に大漁旗を掲げた。暖かな陽気の中、色とりどりの旗が青空になびいた。カメラを片手に写真を撮る人も多く訪れた。
 漁船で作業をしていた漁師の山城エイリさん(27)は「朝5時ごろから旗を掲げた。まずは安全第一で、大漁の1年にしたい」と笑顔で話した。
 息子の樹君(7)と共に、浦添市から大漁旗を見に来た福本晋さん(39)は「糸満の大漁旗を一度見てみたかったので、感動した。子どもにも沖縄の文化を知ってほしい」と語った。【琉球新報電子版】



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス