政治

ヘリ着陸帯の即時撤去要求 宜野座村議会が防衛局に抗議

中嶋浩一郎局長(左列手前)に意見書を手渡す宜野座村議会の小渡久和議長(右列手前)=23日午後、嘉手納町の沖縄防衛局

 【宜野座】米軍ヘリによるタイヤ落下事故で、宜野座村議会(小渡久和議長)の全議員は23日午後、嘉手納町の沖縄防衛局に中嶋浩一郎局長を訪ね、ヘリコプター着陸帯「ファルコン」の即時撤去などを求める意見書を手渡した。中嶋局長は「提供施設区域の運用については、住民の生活への配慮はいうまでもないことは認識している」と述べ、安全面の配慮を米側に求めることを強調した。

 小渡議長は2016年12月上旬に米軍につり下げ訓練に抗議した際、米軍から「ファルコン」でつり下げ訓練はしないとの回答があったにも関わらず、同ヘリパッド周辺でつり下げ訓練が行われたことを批判した。
 伊藤晋哉企画部長は米軍から「つり下げ訓練をする地域が限られているので、ファルコンでつり下げをしないといけない」との説明があったことを報告した。【琉球新報電子版】


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス