教育

基地問題 新聞で学ぶ 高校NIE 全国大会で報告

学校教育での新聞活用について報告する参加者ら=25日、東京都中野区、明治大学付属中野高等学校櫻山ホール

 【東京都で仲吉輝】「人間と社会を学ぶ高校NIE」をテーマに、全国高等学校NIE研究会第15回全国大会が25日、開幕した。26日まで。全国から学校関係者ら約100人が参加した。日本記者クラブ理事長の伊藤芳明氏による記念講演や研究発表があり、参加者は効果的な新聞活用方法などについて理解を深めた。

 25日は明治大学付属中野高等学校の櫻山ホールで、開会式と全国各地の高校による研究発表があった。

 奈良県の奈良女子大学付属中等教育学校の二田貴広教諭は、修学旅行を活用したNIEの取り組みについて説明。沖縄を訪れるに当たり、2カ月前から本紙と全国紙を読み比べ、生徒の要望で普天間基地を見学したことを話した。基地を見学し、関係者と交流した生徒からは「もっと多方面の情報に貪欲でなければいけない」との感想があったと報告した。


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス