エンタメ

ふくはら、上原さん最優秀 4コマ漫画家才能発掘企画

(左から)ふくはらさなえさん 上原脩平さん

 新たな4コマ漫画の書き手を発掘する企画「4コマ漫画・才能発掘プロジェクト」(琉球新報社主催)の審査会がこのほど那覇市の琉球新報社であった。最優秀賞にイラストレーターのふくはらさなえ(本名・普久原早苗)さん(41)=沖縄市、放送技術者の上原脩平(しゅうへい)さん(30)=那覇市=の2人が決まった。

 ふくはらさんの作品は「絵がうまく、ストーリーがしっかりしている。沖縄の日常を切り取った親しみやすい作品」、上原さんの作品は「思いもよらない笑いがある。今まで見たことのない作品」などの点が評価された。

 優秀賞はりんご(本名・城間りん)さん(30)=南城市、主婦=と城間基さん(14)=豊見城市、伊良波中3年、奨励賞に新崎広人さん(15)=那覇市、浦添工業高1年、特別賞に宮古島市の徳嶺正治さん(73)が選ばれた。16日に入賞作品を紙面で紹介する。

 本企画には24人から26作品の応募があり、社内の審査員が各賞を選考した。本紙で連載中の4コマ漫画「がじゅまるファミリー」作者のももココロさんも、オブザーバーとして審査に立ち合った。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス