スポーツ

「大吾先輩は誇り」 母校・宮古工高に凱旋

宮古工業高校で生徒らと記念撮影をする比嘉大吾選手(手前中央)=12日午後、宮古工業高校

 【宮古島】世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾選手(21)=白井・具志堅スポーツジム、浦添市出身=が12日、ボクシングを学んだ母校・宮古工業高校(伊志嶺秀行校長)に凱旋(がいせん)した。体育館で全校集会が開かれ、比嘉選手と具志堅用高会長らが生徒と交流した。生徒からは「先輩の活躍は私たちの誇り」などと、メッセージが送られた。

 集会で比嘉選手は「成績を上げる秘訣(ひけつ)」を「大きな声であいさつをして、とにかく先生と仲良くしてほしい」と持論を展開。集会後は自身が汗を流したボクシング部の練習場を訪れ、後輩に「高校からボクシングを始めても遅くないことが証明できた。努力次第で上に行けるので目指してほしい」とエールを送った。花城怜音(れお)主将は「先輩はボクシング部の誇りだ。先輩のファイタースタイルをお手本にしている。自分も大会優勝を目指したい」と意気込んだ。

 比嘉選手らはこの日、市役所で下地敏彦市長と面談したほか、「一日署長」を務めた宮古島署を訪れた。