古川 孝敏

 アイラ・ブラウン

 日本バスケットボール協会は25日、男子アジア・カップ(8月8~20日・レバノン)の日本代表を発表し、古川孝敏(琉球ゴールデンキングス)、アイラ・ブラウン(同)、富樫勇樹(千葉)篠山竜青(川崎)比江島慎(三河)竹内公輔(栃木)のBリーグ勢や、学生でただ一人選ばれた筑波大の馬場雄大ら12人が名を連ねた。

 アルゼンチン出身のフリオ・ラマス新監督就任後、初の国際大会となるアジア・カップには16チームが出場する。

 4組に分かれる1次リーグで、日本は香港、台湾、オーストラリアと同じD組で戦う。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス