教育

教員採用、昨年度も働き掛け 現教育長が証言 前副知事は否定

 県教委の2016年度の教員採用試験について、安慶田光男前副知事が、平敷昭人教育長に、特定の受験者を合格させるよう働き掛けた可能性があることが分かった。8日、平敷氏が明らかにした。安慶田氏は「そのような事実はない」と否定している。口利き疑惑を巡り安慶田氏は前教育長の諸見里明氏と、民事訴訟で争っており、那覇地裁から調査嘱託を受けた県教委がこの内容を文書にまとめて1日、提出した。

 平敷氏によると、昨年8月の一次試験合格発表後、安慶田氏は平敷氏を副知事室に呼び、受験者を特定できる受験番号や名前が書かれたメモを見せて「何とかならんか」と告げた。平敷氏は「仕組み上できないとお断りした」という。
 平敷氏は1月、この問題での会見で16年度以降の介入は「なかった。自分は受けていない」と証言していた。発言を変えたことについて平敷氏は「口利きかどうかの線引きが難しく判断できなかった」と説明。詳細は明言を避けた。
 関係者によると、裁判所は調査嘱託として県教育委員会に十数項目の質問への回答を求め、この中に16年度の働き掛けについて問う項目があった。県教委は回答をまとめて8月31日に開かれた県教育委員会会議の議題に挙げた。