社会

【台風18号】宮古島市で最大瞬間風速38・1メートル 宮古島地方13日夕、八重山地方13日夜最接近

台風18号(13日午後1時現在、気象庁のホームページから)

 強い台風18号は13日正午現在、宮古島の東南東約70キロにあり、1時間に約15キロの速さで北西に進んでいる。同日午前10時ごろに暴風域に入った宮古島市では、下地空港で午前11時59分に最大瞬間風速38・1メートルを観測。風速30メートル以上の猛烈な風が吹いており、今後さらに強まる見込み。台風は沖縄本島地方を強風域に巻き込みながら、13日夕方に宮古島地方、同日夜に八重山地方に最接近する見込みだ。

 13日正午現在、台風の中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル。中心から半径110キロ以内で風速25メートル以上の暴風となっている。八重山地方の一部も13日夕方ごろに暴風域に入る見込みで、台風の進路によっては、久米島も暴風域に入る恐れがある。

 13日に予想される最大風速は、宮古島地方で40メートル(最大瞬間風速60メートル)、八重山地方で25メートル(同35メートル)、沖縄本島地方で23メートル(同35メートル)。

 沿岸海域ではうねりを伴った高波となっている。13日に予想される波の高さは、宮古島地方で11メートル、八重山地方で9メートル、沖縄本島地方で8メートル。宮古島市では高潮警報が発表されている。13日昼過ぎは満潮時刻と台風最接近が重なることから、注意が必要だ。

 石垣発着など離島航路の計304便が欠航し、宮古島市内では倒木などの被害が出ている。

 13日は宮古島地方で1時間に60ミリの非常に激しい雨が降る恐れがある。14日午後3時までの24時間に予想される雨量は、宮古島地方で200ミリ、沖縄本島地方で180ミリ、八重山地方で120ミリ。沖縄気象台は暴風や土砂災害、高波などに警戒を呼びている。【琉球新報電子版】