社会

【台風18号】台湾漁船の船員全員救助 宮古島市平良港

台風18号の影響で船体が半分沈没する台湾漁船=14日午前9時7分、宮古島市の平良港

 【宮古島】台風18号が直撃した宮古島市の平良港内に台湾漁船2隻が漂流していた件で、船に取り残されていた船員4人が14日午前8時57分、宮古島海上保安部によって救助された。けが人はいないという。

 港内には油の流失が確認された。2隻のうち、1隻は船体が半分ほど沈没した。

 2隻は台風から避難するため12日夕に平良港に入港。台湾人とインドネシア人の船員計10人は上陸せずに船内にいた。13日昼すぎに係留ロープが切れそうになったため救助を要請。6人は救助されたが、風雨が強いため4人は船内に取り残されていた。【琉球新報電子版】

英文へ→Typhoon No. 18: all Taiwanese crew members rescued at Hirara Port in Miyakojima City


平良港内を漂流していた台湾漁船を岸に引き寄せる海上保安官ら(右)=14日午前9時4分、宮古島市