社会

【台風18号】勢力維持し16日にも九州に接近 久米島の暴風警報は解除

台風18号(14日午後0時現在、気象庁ホームページから)

 非常に強い台風18号は14日正午現在、久米島の西北西約250キロにあり、勢力を維持しながら東シナ海を北上する見込み。15日には進路を東寄りに変え、16日にも九州に接近する可能性がある。

 気象庁は午後0時50分ごろに久米島に出ていた暴風警報を解除した。引き続き本島・久米島・宮古島・八重山地方は強風域に入っており、久米島や先島諸島では引き続き非常に強い風が吹く見込み。

 中心の気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで中心から半径200キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。また、中心から半径390キロ以内では、風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 12日午後6時から14日午後1時までの総降水量は宮古島市新城で561ミリ、宮古島市下里では515・5ミリ、下地島空港460ミリを観測した。

 宮古島市では、引き続き大雨・波浪警報が出されており、土砂災害に厳重な警戒を呼び掛けている。

 沖縄本島地方では夕方にかけて1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る所がある見込み。

 沖縄気象台は、沖縄本島地方と先島諸島では、うねりを伴った高波への警戒とともに強風に十分注意するよう呼び掛けている。【琉球新報電子版】