校歌探訪 石垣市立吉原小学校

 於茂登連山と東シナ海に囲まれる吉原小学校は、川平小学校吉原分校として1954年に開校した。「緑にそよ風さわやかに」(1番冒頭)「青い海原輝いて」(2番冒頭)の歌詞で、校舎を囲む自然豊かな光景を描く。
 吉原地区は、年に計画移民で宮古島から石垣島に渡ってきた入植者が切り開いた地域だ。校章にペンと共に描かれるサトウキビの葉は、開拓者精神を表現する。
 校歌の2番では「正しい道を忘れずに 明るく強く進もうよ」と歌う。武冨悟校長は「学校も地域住民が協力して整地した場所につくられた。開拓者の思いが込められた学校で正しいことを学び、将来に向かって進んでほしいとの願いが込められているのだろう」と話す。