校歌探訪 石垣市立崎枝小中学校

 石垣島西部・屋良部半島の付け根にある崎枝小中学校は1951年、川平小学校崎枝分校として開校した。正門の大きなリュウキュウマツが来校者を出迎え、学校周辺にもリュウキュウマツが植えられている。屋良部岳が近くにそびえ、名蔵湾や崎枝湾に囲まれた崎枝地区の自然豊かな風景を1番の歌詞で歌う。2番の「とどろきわたる生産の みのりの秋の取り入れに」は、田園が広がり豊かな実りを得ていた最盛期の崎枝を描いた「繁盛節」をモチーフにしている。学校は児童生徒が手を取り合うアットホームな雰囲気に包まれている。自然体験学習も盛んで、豊かな環境が子どもたちの心を育む。