経済

「園児トイレ」など最優秀賞 優良沖縄県産品、27日からの産業まつりで紹介

 沖縄県商工労働部は2017年度の優良県産品95点を決定した。最優秀賞に御菓子御殿(読谷村)の「紅いもみるくまん」、color(コロール、糸満市)のスマートフォンケース「紅型スマホハードcase」、沖縄三和シャッター(豊見城市)の「ちゅらブースわらびぃ~(園児用トイレブース)」の3点を選んだ。


最優秀優良県産品賞に選ばれた(左から)「紅いもみるくまん」と「紅型スマホハードcase」

最優秀優良県産品賞に選ばれた「ちゅらブースわらびぃー(園児用トイレブース)」

 推奨状の交付式が20日に県庁であり、44社の代表者らに推奨状が交付された。17年度は109点の応募の中から、95点(飲食料品52点、生活用品22点、その他製品21点)が選定された。

 優秀デザイン賞には南都物産(那覇市)の「紅芋・大納言あずきカステラ」が、優秀アイディア賞には浦添市シルバー人材センターの桑の実を使った酒「沖縄NANDENCY(ナンデンシー)」が選ばれた。

 推奨県産品は27~29日に那覇市の奥武山公園で開催される第41回沖縄の産業まつりで展示される。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス