社会
台風14号接近

【台風21号】大東島の暴風警報解除 大東、本島、先島は強風に注意

台風の進路予想図。詳細は気象庁ホームページ http://www.jma.go.jp/jp/typh/

 台風21号は22日午前、南大東島の東北東を勢力を弱めながら北上し、沖縄地方から遠ざかりつつある。南大東島地方気象台は午前10時39分に大東島地方の暴風警報を解除した。引き続き大東島地方、沖縄本島地方と先島諸島は強風域に入っており、非常に強い風が吹く見込みで、沖縄気象台は強風に十分注意するよう呼び掛けている。沖縄地方の沿岸の海域では大しけとなり、大東島地方では猛烈にしけている。うねりを伴った高波に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

 超大型で非常に強い台風21号は22日午前10時現在、日本の南の海上を1時間に約40キロの速さで北北東へ進んでいる。
 中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心の南西側280キロ以内と北東側220キロ以内では、風速25メートル以上の暴風となっている。中心の西側1200キロ以内と東側750キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。
 大東島地方は22日午前0時ごろ、暴風域に入った。午前1時ごろに最接近し、午前6時ごろ暴風域を抜けた。北大東空港で午前6時59分、北北西の風36メートルの最大瞬間風速を観測した。
 大東島地方の暴風警報は解除されたが、引き続き非常に強い風が吹く見込みで強風に十分注意するよう呼び掛けている。
 沖縄本島地方と先島諸島では、大陸の高気圧と台風との間で気圧の傾きが大きくなっているため、22日は非常に強い風が吹く見込み。強風に注意するよう呼び掛けている。
 沖縄本島地方や先島諸島では、23日にかけて塩害の発生する恐れがあるとして、農作物などの管理に注意するよう呼び掛けている。
 台風は今後、南大東島の北東の海上を勢力を弱めながら北上し、沖縄地方から遠ざかる見込み。【琉球新報電子版】