爆音を轟かせ着陸態勢に入るF35Aステルス戦闘機=2日午後3時7分、嘉手納基地(花城太撮影)

 【嘉手納】米軍嘉手納基地で2日午後、米空軍の最新鋭ステルス戦闘機F35A戦闘機10機が米ユタ州のヒル空軍基地から追加配備された。

 嘉手納基地の第18航空団は計12機を半年間にわたり暫定配備すると発表しており、既に10月30日に2機が配備されていた。

 沖縄市、嘉手納町、北谷町でつくる「米軍嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会」(三連協)は飛来しないように抗議していた。當山宏嘉手納町長は配備を受け「外来機の飛来は認められず、特にF35戦闘機は騒音が大きく被害が増大する懸念がある。早期撤退してほしい」と述べた。

 F35A戦闘機は午後3時すぎから約1時間の間に2回に分けて5機ずつ着陸した。機体は着陸前、上空を旋回した。嘉手納町の測定で、午後3時4分に最大92・9デシベルの騒音が町役場屋上で観測された。【琉球新報電子版】


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス