政治

防衛省、飛行停止求めず けがに触れるも「被害与えかねない」 CH53窓枠落下で

普天間第二小学校のグラウンドに米軍機から落下物があったことについて説明する山本朋広防衛副大臣(中央)=13日午後0時半ごろ、防衛省

 【東京】沖縄県の普天間第二小学校のグラウンドに普天間飛行場所属のCH53Eヘリコプターの窓枠が落下したことを受け、山本朋広防衛副大臣は13日、在日米軍のマルティネス司令官と防衛省で面談し、同系機の飛行自粛を求めた。

 児童1人がけがをしているが、山本氏は確認中として「多大な被害を与えかねない」と述べた。飛行停止は求めなかった。

 マルティネス司令官は「米軍の落下物であるということは間違いない」と認めた。ただ、飛行自粛については詳細を確認して、日本側に報告するとした。

 山本氏が会談後、記者団の取材に答えた。【琉球新報電子版】




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス