政治

東村長が発着場「N4」使用停止を要求 菅氏、名護東道路延伸1年半前倒しを指示 2021年夏までに完成

菅内閣官房長官(右側手前から二人目)と面談する(左側手前から)仲嶺久美子高江区長、伊集盛久東村長、宮城久和国頭村長=29日午後15時すぎ、名護市のホテルゆがふいんおきなわ

 【名護】菅義偉官房長官は29日、名護市内のホテルで米軍普天間飛行場の移設先に近い名護市の久辺3区長や米軍北部訓練場のある東村長、同村高江区長、国頭村長と相次いで会談した。東村の伊集盛久村長は「ヘリパッド(ヘリコプター発着場)の停止を求める。住民に配慮してほしい」と要望した。高江区の住宅地に近いヘリパッド「N4」の使用停止と訓練の自粛を初めて求めた。


菅義偉官房長と面談後、記者団の質問に答える(前列左から)宮城久和村長と仲嶺久美子高江区長、伊集盛久東村長=29日、名護市

 伊集村長によると菅氏は「検討したい」と述べた。会談後、高江区の仲嶺久美子区長は報道陣に対して、「10月の事故もあった。集落上空を飛ばないでほしいと要望した」と語った。


菅内閣官房長官と面談する(左から)宮里武継久志区長、嘉陽宗克辺野古区長、宮城行雄豊原区長、宮城安秀名護市議=29日午後14時30すぎ、名護市のホテルゆがふいんおきなわ

 久辺3区長との面談では、菅氏は辺野古移設について「政府としては最高裁の判例に従って工事を進めている。皆さんの生活環境の保全や地域の振興に関し、政府としてはできる限りの配慮を行ってきた」と述べた。

 嘉陽宗克辺野古区長は冒頭発言で、直接交付金について「2018年度の予算が確保されたことに感謝したい」などと語った。会談後、3区長らは記者団の取材には応じなかった。


面談を終えて取材に答える菅内閣官房長官=29日午後15時50分、名護市のホテルゆがふいんおきなわ

 会談に先立ち菅氏は、名護東道路を視察した。工事中の世冨慶~数久田間約2・6キロについて、完成を1年半前倒しして、21年夏までに完成させるよう関係省庁に指示した。

 国道58号沿いにある「道の駅許田」の信号を撤去し、沖縄自動車道(高速道路)と接続させる。また、名護東道路の伊差川から先の延伸についても、調査を始めることも指示した。【琉球新報電子版】