くらし

[ココロ・カラダ不思議つながり]45 ナプキンの使い方、教えて

Q.ナプキンの使い方、教えて

 


 今日はナプキンについて、中学1年生の皆さんから質問です。

「ナプキンの値段や使い方、選び方を教えてください」
「生理の3日目くらいからナプキンのあたる部分がかゆくなります。解決方法はありますか?」

 です。


A.いろんな種類、使い比べて

 


 たくさんの種類のナプキンが売られているので、どれを選べば良いか迷いますよね。まずはドラッグストア、スーパー、コンビニで商品を観察しましょう。買わなくてもOK。手に取って袋に書いてある説明をじっくり読み、値段との関係を考えましょう。

 多いときの昼用・夜用・少ないとき用・動き回るときにズレないよう工夫されたもの・ポケットに入れやすい薄いもの・肌荒れを防ぐためにコットン(綿)を使ったものなど、さまざまな特長のものがあります。一袋に入っている枚数も違います。友達とお店に行って調べ、表にまとめて感想を話し合うのも役立つ自由研究になりますよ。



 次は使ってみましょう。コンビニには少ない枚数の商品が置かれています。割高になりますが試しで使うには便利です。人によって月経(生理)の様子や肌の状態、好みなどが違うので、自分が「良いな」と思うものを探してください。

 月経血は栄養豊富なので、身体の外に出ると、空気中の雑菌が繁殖して嫌なにおいや肌荒れの原因になります。量が少なくなってきても、3時間に一度くらいはナプキンを取り換えましょう。ナプキンのメーカーのサイトにも詳しい使い方の説明があるので参考にしてくださいね。

 それでも肌が荒れる場合は、布ナプキンがお勧めです。自然食品店やネットで買えます。洗って繰り返し使えて、肌にも地球にも優しく経済的です。量が少ないときに試して、取り換えた布ナプキンは密封できるビニール袋に入れて持ち帰ると安心です。血液はお湯で固まります。お手入れするときは水につけ、ナプキンから月経血が離れだしてから、せっけんで洗うと落ちやすいです。



徳永桂子(とくなが・けいこ) 思春期保健相談士。

 心が生きると書く「性」、心が生きて交わる・お互いの心を生かして交わると書く「性交」の漢字の通り、子どもたちがありのままの自分を肯定できるように。豊かなパートナーシップを築けるように。みんなで明るく肯定的に性について語れたらいいなと思って活動中。

 新報小中学生新聞に「ココロ・カラダ不思議つながり」を連載中。著書に「からだノート~中学生の相談箱」(単著)「LGBTなんでも聞いてみよう~中・高生が知りたいホントのところ」(共著)など。
 

~ この連載が本になりました ~

ココロ・カラダ不思議つながり

 
徳永桂子・著/上原明子・イラスト
A5変型判 128頁(オールカラー)

¥1,250(税抜き)
 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス