教育

体力全国下回る県内小中生 小5男女と中2男子向上 スポーツ庁テスト

 スポーツ庁は13日、小学校5年生と中学校2年生全員を対象に実施した2017年度全国体力テストの結果を公表した。県内の実技8種目の合計点の平均値は小5男女、中2男子で昨年度と比べて向上したが、全国平均を下回った。

 県内の合計点(80点満点)の平均値は、小5男子が53・30点、小5女子が54・19点、中2男子が41・59点、中2女子が48・31点だった。全国から0・86点、1・53点、0・37点、1・49点それぞれ下回った。昨年度と比べ、小5男子で0・49点、小5女子で0・27点、中2男子で0・08点それぞれ上回った。中2女子は昨年度を0・07点下回った。

 全国の合計点の平均値は、小5女子が4年連続、中2女子が3年連続で、08年の調査開始以来最高値を更新した。小5と中2の男子は横ばいだった。全国体力テストでは、握力や50メートル走、シャトルランなど8種目の測定を実施した。