社会

被覆ブロックの設置進む カヌー6艇で抗議

K2護岸で被覆ブロックの設置を進める作業員=14日午前9時半すぎ、名護市辺野古

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で14日午前、米軍キャンプ・シュワブの「K2護岸」と「K4護岸」で工事が進められた。

 2カ所の護岸では、陸路からトラックで運ばれた被覆ブロックを、クレーン車で砕石の上に並べる作業が行われた。
 海
上から工事に反対する市民らが、カヌー6艇と船2隻で抗議の声を上げた。【琉球新報電子版】