社会

辺野古2護岸で工事続く ゲート前でも抗議

砕石が投下され、着々と工事が進む「K4護岸」=27日午前11時ごろ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(小型無人機で撮影)

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う沖縄県名護市辺野古の新基地建設工事で27日、沖縄防衛局は辺野古崎南側で進めている「K2護岸」や「K4護岸」の建設工事を進めた。


「K2護岸」で被覆ブロックを設置する作業員=27日午前10時すぎ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部

 米軍キャンプ・シュワブのゲート前では早朝から座り込む市民約20人を県警機動隊が排除し、大型ダンプカーが建築資材を搬入した。


着々と埋め立て工事が進む米軍キャンプ・シュワブ沿岸部=27日午前10時50分、名護市辺野古(小型無人機で撮影)

 大浦湾海上では、市民がカヌーや船で「違法工事やめろ」などと抗議の声を上げる中、「K2護岸」では護岸を保護するための被覆ブロックを大型クレーンで設置し、「K4護岸」では砕石を次々と海中に投下した。【琉球新報電子版】


「K4護岸」建設のため大浦湾に投下される砕石=27日午前9時半ごろ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部