社会

3月4日は「さんしんの日」 各地で演奏と舞い

三線と舞踊を披露する出演者ら=4日、読谷村文化センター鳳ホール

 【読谷】3月4日の「さんしんの日」にちなみ、県内各地で正午から「かぎやで風」の演奏が行われた。琉球放送は「ゆかる日 まさる日 さんしんの日」として読谷村文化センターを中心に各地をつなぎ、午後9時までラジオで公開生放送をした。地域の子どもたちや、民謡歌手の前川守賢さん、でいご娘などのゲストが会場を盛り上げた。

 三線歌謡の始祖とされる「赤犬子(あかいんこ)」(アカヌクー)を祭る読谷村楚辺の赤犬子宮前では、同村文化協会の会員が三線と舞いを披露した。